14年から続投の妻夫木聡「漫画を読んで初めて泣いた作品」

[ 2020年10月30日 05:30 ]

完成報告会見でドラえもんとはしゃぐ妻夫木聡
Photo By スポニチ

 俳優の妻夫木聡(39)が29日、都内で声優を務めたアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん2」(11月20日公開)の完成報告会見に出席した。

 妻夫木は大人になったのび太役で14年の第1作から続投。原作でも名作の呼び声高い「おばあちゃんの思い出」をベースにしたストーリーで「漫画を読んで初めて泣いた作品。のび太の頼りないけれど、放っておけない愛らしさを出せるよう心掛けて演じた」と振り返った。

 おばあちゃん役の宮本信子(75)に対しては「声を聞いた瞬間に涙が出てきておばあちゃんが出てきただけで泣くスイッチが入った」と最敬礼だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月30日のニュース