×

広澤克実氏 阪神・西純に江夏、堀内を見た!大谷と違う意味での打てるエース

[ 2022年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-1ヤクルト ( 2022年5月18日    神宮 )

広澤克実氏
Photo By スポニチ

 【広澤克実 視点】阪神・西純は魅力にあふれた投手だ。投げても打っても、引きつけられる。2回の本塁打は見事だった。左腕の150キロというのは、右投手とは比較にならないくらい難しい。それを簡単に引っ張る。非凡なものを持っている。

 昔のプロ野球を思い出す。阪神なら江夏豊さん、巨人なら堀内恒夫さん。エースと呼ばれた人たちは一発の力を秘め、土壇場で勝負強さを発揮した。大谷翔平の二刀流とはまた違う意味での、打てるエースになる可能性を感じた。

 もちろん投球も素晴らしい。球威があり、変化球の切れが良く、コントロールもできている。カーブ、スライダー、フォークと縦の変化があり、それが同じ軌道から変化する。見極めて捉えることが実に難しい球だ。

 4回1死二塁での村上は初球の144キロの変化球を引っかけ二ゴロに倒れた。当たる寸前まで変化に気づくことができなかった。西勇とのダブル西が阪神の巻き返しのポイントだと感じた。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース