×

4発の勢いどこへ…阪神、打線沈黙で今季11度目の零敗

[ 2022年5月19日 21:05 ]

セ・リーグ   阪神0-3ヤクルト ( 2022年5月19日    神宮 )

<ヤ・神>7回無死、糸井(中央)が二飛に倒れ、がっくりの矢野監督(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 前夜の4本塁打8得点の勢いはどこに行ったのか…。阪神は打線が沈黙し、今季11度目の零敗を喫した。ヤクルト先発の小川の攻略の糸口が見つからなかった。

 0―0の3回1死から佐藤輝が右翼線二塁打で好機を演出したが、大山が左飛。糸井も空振り三振に倒れ、得点を奪うことができず、中盤以降も目立ったチャンスを作ることができなかった。

 一方、投手陣も2死から失点するなど、何とももったいない形で得点を奪われた。0―0の5回は2死から山崎に四球。続く山田には左中間フェンス直撃の適時二塁打を打たれ、先制された。継投策に入った7回も2死から塩見に中前打を打たれると、続く山崎のセーフティーバントで三塁手の佐藤輝が一塁へ悪送球。一塁ファウルゾーンにボールが転々とする間に一走の山崎が生還。なおも2死三塁から山田に右中間へ適時二塁打を打たれ、突き放された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース