×

阪神・藤浪、2軍戦で6回1失点「いろんな球種も使えた」昇格準備OK

[ 2022年5月19日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神8-2中日 ( 2022年5月18日    ナゴヤ )

<ウエスタン中・神>5回無死一塁、捕手・栄枝が一走・高松の二盗を阻止し、指をさす藤浪(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪晋太郎投手(28)が18日、ウエスタン・リーグ中日戦に先発。新型コロナウイルス感染から復帰後では最長となる6回を4安打1失点に抑え、状態の良さをアピールした。

 「よかったと思います。いろんな球種も使えたので、その点はよかったかなと思う」

 初回は先頭の大島にいきなり右中間三塁打を打たれたが、三好、溝脇、福田を3者連続三振。慌てることなく、冷静に後続を封じた。この日は最速155キロの直球を軸に110キロ台のカーブを織り交ぜるなど、緩急を生かした投球で打者を翻弄(ほんろう)。課題の制球も安定しており、許した四死球は1つだった。2―0の4回先頭では福田に左中間ソロ本塁打を被弾したが、最少失点で抑えた。

 「チャンス巡ってこないのは、しょうがないので、呼ばれるまで、いい準備をできたらなと思う」

 復帰後は4戦で計15イニングを3失点と結果を継続している。平田2軍監督も「全然問題ない」と評価し、安藤2軍投手コーチも「あとは1軍が判断するだけなので、呼ばれるまでしっかり調整してほしい」と1軍へ推薦する方針を示した。ただ1軍との兼ね合いとなるため、昇格時期は現時点で未定。来たるべき登板に向けて、準備を進めていく。(長谷川 凡記)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース