×

中大 1部残留お預け…森下のリーグ単独トップ3号2ランも空砲

[ 2022年5月19日 05:30 ]

東都大学野球第5週最終日   中大4―9日大 ( 2022年5月18日    神宮 )

<日大・中大>8回、ポール際の大飛球がファウル判定された直後、2ランを放つ中大・森下(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 1回戦1試合が行われた。勝てば1部残留が決まっていた中大は最下位の日大に4―9で敗れた。今秋のドラフト上位候補に挙がる中大・森下翔太外野手(4年)は勝利につながらなかったものの、3号アーチを放ち、本塁打と打点でリーグトップに立った。

 中大が勝てば勝率差で1部残留が決まっていたが、先発した3年生右腕・岩本が1回2/3を5失点と崩れて日大との初戦に敗れた。プロ注目の外野手・森下は2安打3打点。5点を追う8回は中越え2ランを放ち「伸びてくれて入ったのでよかった」と語った。3本塁打はリーグ単独トップ、11打点は同トップタイとバットでチームをけん引。引き続き勝てば残留が決まる20日の2戦目に向け「チームを引き締め直して臨みたい」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース