×

野村謙二郎氏、広島・西川の打撃心配…らしくないフォークの空振り三振

[ 2022年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-4巨人 ( 2022年5月18日    東京D )

スポーツニッポン評論家の野村謙二郎氏
Photo By スポニチ

 【野村謙二郎 視点】西川の打撃が心配だ。3三振のうち5、9回の好機はいずれもフォークを空振り。本来は低めの変化球をコンタクトする能力に優れているだけに、らしくない凡退だった。

 2点を追う9回無死一、二塁。西川に送りバントはないだろう…と見ていたら、やはりベンチも任せた。マクブルームと坂倉を合わせた中軸3人が得点源。一気に逆転を狙った策は間違いではない。

 これで22打席無安打。少しスタンスを広げ、重心を下げて構えていた。復調のため、本人も考えて、いろいろ工夫をしている。技術のある選手なので一日でも早く調子を取り戻してほしい。

 床田はうまく球を操れず、ストレスを感じながら投げているように映った。普段に比べて直球に角度がない分、パームも使いづらかった。痛かったのは5回のウォーカーの本塁打だ。悪い球ではなく内角を狙われた。数多く好機をつくりながら、本塁打2本に負けた。逆転サヨナラで敗れた前日も含めて投打ともに踏ん張りどころだ。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース