×

4連敗の広島・佐々岡監督「なかなか一本が出なかった」野間の存在感に期待「雰囲気も変わってくる」

[ 2022年5月19日 21:59 ]

セ・リーグ   広島1-2巨人 ( 2022年5月19日    東京D )

<巨・広>ベンチの佐々岡監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 広島が巨人に今季2度目の同一カード3連敗を喫し、今季2度目の4連敗となった。

 この3連戦ではチャンスをつくりながら生かせない場面が多く、佐々岡監督は「なかなか一本が出なかった」と振り返った。

 この日、昇格して先発出場した野間は2回に先制の二塁打。だが、9回2死満塁では空振り三振で最後の打者となった。指揮官は野間について「野手主将でもありますし、雰囲気も変わってくると思う」とし、「地元に帰ってしっかりとやりたいと思います」と20日からのマツダでの中日戦を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース