×

また床田から!巨人の助っ人2度目アベック弾 相乗効果で全4得点

[ 2022年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4-2広島 ( 2022年5月18日    東京D )

<巨・広>5回、3ランを放ち、ポランコ(左)と喜び合うウォーカー(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人コンビが全4得点を叩き出した。2回はポランコが安打、打点ともに6試合連続となる先制の右越え8号ソロ。1―0の5回はウォーカーが左越え8号3ランを放った。3日以来、2度目のアベック弾は再び床田から。

 ウォーカーは「彼(ポランコ)が打つことによって、良い刺激をもらってから打席に臨んでいる」と笑みを浮かべ、原監督も「いいところで良い役割を担ってくれている」と評価した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース