×

阪神・マルテ待望1号「これからもたくさんしたい」今季初“ラパンパラ”

[ 2022年5月19日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神8-1ヤクルト ( 2022年5月18日    神宮 )

<ヤ・神>1回2死、マルテは左越えに戦先制ソロを放つ(投手・高橋)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 前夜から立ちこめていたぶ厚い暗雲を、一撃で切り裂いた。阪神のマルテが待望の今季1号。猛虎“神宮花火大会”のオープニングを豪快に務めあげた。

 「良いホームランだったと思いますし、まずチームが勝ててうれしいですけど、初ホームランってこともうれしいです」

 悪夢の逆転サヨナラ負けから一夜明け。昨年もチーム全体として苦手にしていた左腕の高橋に対して、初回は近本、中野が簡単に2死を奪われた。また、きょうもか…。苦戦の雰囲気を誰もが感じ取った中、助っ人は静かに狙いを定めていた。

 3球目の151キロ直球を強振。弾丸ライナーで左翼スタンド最前列に突き刺さった。ダイヤモンドを一周した先にベンチ前では“アレ”を待つ同僚たち。2022年初のラパンパラもきっちりと決め余韻に浸った。

 「ラパンパラはこれからもたくさんしたいので、そういう意味でも良い一本になった」

 今季も不動の中軸として期待されながら4月3日に右足のコンディション不良で登録抹消。約1カ月後に実戦復帰し今月10日に昇格を果たした。ただ、5試合で20打数3安打、打率・150と全開にはほど遠かった。チーム、そして自身の停滞ムードにもサヨナラを告げる放物線。助っ人は力強く前を向いた。

 「みんな諦めてないので。シーズンが始まった時はすごい負け越したけど、だんだん状態も戻ってきてる。この調子で勝ち続けたい」。ようやく口にできた「ラパンパラ」が猛虎上昇の号砲だ。(遠藤 礼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月19日のニュース