×

最強守備陣「三井ゴールデン・グラブ レジェンズ」決定 遊撃手は井端氏「今までより数百倍うれしい」

[ 2022年1月28日 05:30 ]

 「三井ゴールデン・グラブ レジェンズ」の贈呈式に出席した井端弘和氏
Photo By 提供写真

 中日、巨人で活躍した井端弘和氏(46)が、最強の守備陣を決める「三井ゴールデン・グラブ レジェンズ」キャンペーンで、遊撃手部門で選出された。

 このキャンペーンは「三井ゴールデン・グラブ賞」が21年度で50回目を迎えたのを記念して、3回以上の歴代受賞者を対象に昨年12月にファン投票を実施。27日に三井広報委員会から受賞者が発表された。遊撃手部門は、宮本慎也氏(元ヤクルト)、小坂誠氏(元ロッテ)、坂本勇人(巨人)、源田壮亮(西武)らを抑えて井端氏がトップとなった。

 発表に先立って19日に行われた贈呈式に出席した井端氏は「今回、歴代のそうそうたる守備の名手たちの中から三井ゴールデン・グラブ レジェンズに選出していただき、非常に光栄です。現役時代には7度、三井ゴールデン・グラブ賞を受賞しましたが、歴代の受賞者の中からレジェンズに選ばれるというのは、今まで獲ったよりも数十倍、数百倍うれしいです」と喜びを語った。

 贈呈式では、スペシャルアンバサダーとしてキャンペーンを盛り上げた里崎智也氏(元ロッテ)がプレゼンターを務めた。里崎氏は「幅広い年代の方々にご投票いただき、非常に魅力的な“歴代最強の守備陣”になったのではないでしょうか。今シーズンもファンの皆さんには、ぜひ選手たちの“華麗で熱い守備”に注目していただき、みんなで応援していきましょう!」と呼び掛けた。

 各部門の受賞者は以下の通り。 ▽投手 桑田真澄(元巨人) ▽捕手 古田敦也(元ヤクルト) ▽一塁手 王貞治(元巨人) ▽二塁手 菊池涼介(広島) ▽三塁手 中村紀洋(元近鉄、元中日) ▽遊撃手 井端弘和(元中日) ▽外野手 イチロー(元オリックス)、新庄剛志(元阪神、元日本ハム)、秋山幸二(元西武、元ダイエー) ※球団名は三井ゴールデン・グラブ賞受賞当時の所属

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース