×

阪神ドラ3・桐敷 伊藤将からカーブ学びたい「変化球のこととか、緩急の使い方を聞いていきたい」

[ 2022年1月28日 05:30 ]

キャッチボールをする阪神ドラ3・桐敷
Photo By スポニチ

 阪神ドラフト3位・桐敷(新潟医療福祉大)は、カーブ習得を宜野座キャンプでの目標に掲げた。

 「カーブを習得できていないので、覚えていきたいですね。1つ増えるだけでも投球の選択肢が増えますし」

 春季キャンプはチーム内競争だけでなく、技術面でも先輩から多くを学べる時間。「左投手の方から変化球のこととか、緩急の使い方を聞いていきたい」とした上で、カーブの参考にしたい投手に挙げたのは伊藤将だ。

 「自分はあまり(ガンガン)聞けないタイプなので(笑い)。そういう機会があれば積極的に頑張っていってみたい」と殻を破る決意を示した。ドラフト2位・鈴木も同じ左腕。「鈴木が頑張れば、自分も頑張らなきゃと思いますし。2人で1軍の戦力になれるように」と共闘を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース