×

有田工センバツ初出場 梅崎監督「感無量。夢がやっとかなうと思うと選手たちに感謝しかない」

[ 2022年1月28日 17:54 ]

選抜初出場決定を喜ぶ有田工ナイン
Photo By スポニチ

 有田工が選抜初出場を決めた。60年ぶりに出場した昨秋の九州大会で4強入り。初戦で秀岳館(熊本)、準々決勝で海星(長崎)と次々と強豪校を倒した粘り強い戦いが評価された。

 梅崎信司監督(42)は「感無量。夢がやっとかなうと思うと選手たちに感謝しかない」と話し「まさか新チームになった時にここまで勝ち上がってくれるとは思ってもみなかった。子供たちの伸びしろは測れないなと思った」と目を細めた。

 甲子園へ向け「うちはスター選手もいない普通の選手の集まりですがチームワークだけはどこにも負けないと思っている。しっかり守って粘って何とか勝機を見出す野球ができれば」と力を込めた。

 主将で捕手の上原風雅(2年)は「うれしい。自分達らしい野球で1点ずつ取ってまずは1勝して1つでも上にいけるように」と意気込み。抜群の制球力で選抜出場の原動力となったエース・塚本侑弥(2年)は「低めに集めて打たせて取るピッチングがしたい」と聖地のマウンドへ目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース