巨人・菅野ブルペン一番乗り 右手中指の爪割れるも「初日に爪が割れるくらいなので指にはかかっている」

[ 2022年1月28日 19:40 ]

<巨人合同自主トレ>ブルペンでピッチングを行った菅野 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の菅野智之投手(32)が28日、合同自主トレ一番乗りでブルペン入りした。予定していなかったが「気温も温かかった。体の状態も悪くない」と変更。初日から捕手を座らせて変化球も交え15球を投じた。

 右手中指の爪が割れたため切り上げるも「投げて初日に爪が割れるくらいなので、指にはかかっているんじゃないかな」と手応え。指先強化のため、このオフに導入した「ロッククライミング」の成果を口にした。

 昨季は故障と不振で計4度の出場選手登録抹消を経験。エースとして「(一年間戦うことが)最低限にして最大の目標。今年はイニング数にこだわりたい」と巻き返しを誓った。到達すれば4年ぶりとなる200投球回へ「キャンプではどっちかというと僕は投げ込みとかをしてこなかった。(今年は)投げることを重点的にやろうかなと思う」と話し「(2月)1日は入ります」とキャンプ初日のブルペン入りも明言した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース