×

“最強世代”の呼び声高い京都国際 左右の二枚看板ともに「日本一」誓う センバツ出場32校28日発表

[ 2022年1月28日 05:30 ]

京都国際・森下瑠大
Photo By スポニチ

 第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間、甲子園)の出場32校が28日、発表される。近畿地区は昨秋の明治神宮大会で大阪桐蔭が初優勝したことにより、例年の6枠に神宮大会枠が加わって計7校の選出となる。昨秋近畿大会4強以上の大阪桐蔭、和歌山東、金光大阪、天理(奈良)は選出が確実で、残り3枠を同8強の京都国際、東洋大姫路(兵庫)、近江(滋賀)、市和歌山で争う展開。吉報を待つ4校の声を紹介する。

 2年連続、そして昨春選抜から3季連続出場の吉報を待つ昨夏甲子園4強の京都国際。今秋ドラフト候補左腕の森下瑠大(2年)、最速145キロ右腕の平野順大(2年)をはじめ、旧チームからの主力が多く残り、「最強世代」の呼び声が高い。小牧憲継監督は「選ばれるかどうか分からない立場ですが、今年の子たちは日本一に懸ける意気込みが特に強い。日本一になるために、どれくらいのレベルが必要なのかを分かってやっている」とチーム力に自信を持つ。

 左右の二枚看板がともに「一日一日を無駄にしないようにして、選抜で日本一を獲る」と声をそろえる一方、昨年は三塁手で新チームから捕手を務める主将の辻井心(2年)は冷静。「甲子園を経験したメンバーは自分も含め、もっと伝えていく必要がある。引っ張り切れていないのが現状。今のままでは取りこぼす」と危機感を募らせつつ、「このチームは全員が夢中になれるのが強み」と言葉に力をこめた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース