×

楽天・早川「ケガをしない、長年やれるフォーム」早大の先輩・ソフトバンク和田を見て学んだ

[ 2022年1月28日 05:30 ]

キャッチボールする早川(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 新人だった昨季に9勝を挙げた楽天・早川が、楽天生命パークで自主トレを公開。22日まで長崎県内で行った自主トレでは早大の先輩で「松坂世代」で最後の現役選手であるソフトバンク・和田に師事した左腕は「和田さんに“最多勝を獲った時の記録(17勝)は超えてもらいたい”と言われた。そこを目指してやる」と誓った。

 早川が小学6年だった10年に和田は17勝で最多勝のタイトルを獲得。2月で41歳になる大ベテランの練習メニューは想像以上にハードだったそうで、1日最長8時間のトレーニングで体を鍛えた。「和田さんを見て自分が求める、ケガをしない、長年やれるフォームはこれだと思った」と早川。偉大な先輩から託された思いに応えるためにも「18勝」という高い壁に挑む。(重光 晋太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース