×

猛練習で戦力UP自信の市和歌山「元気さ、面白さ、泥くささなら負けない」 センバツ出場32校28日発表

[ 2022年1月28日 05:30 ]

市和歌山・米田天翼
Photo By スポニチ

 第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間、甲子園)の出場32校が28日、発表される。近畿地区は昨秋の明治神宮大会で大阪桐蔭が初優勝したことにより、例年の6枠に神宮大会枠が加わって計7校の選出となる。昨秋近畿大会4強以上の大阪桐蔭、和歌山東、金光大阪、天理(奈良)は選出が確実で、残り3枠を同8強の京都国際、東洋大姫路(兵庫)、近江(滋賀)、市和歌山で争う展開。吉報を待つ4校の声を紹介する。

 小園健太(DeNA)、松川虎生(ロッテ)の「ドラ1バッテリー」が抜けても、市和歌山には地力がある。昨秋和歌山大会決勝では、近畿大会で準優勝と躍進する和歌山東を下して優勝。近畿大会でも8強入りし、2年連続8度目の大舞台を視界に捉える。背番号1を引き継いだ今秋ドラフト候補のエース右腕・米田天翼(つばさ=2年)は「絶対に選ばれるんだと信じて、全国で勝てる練習をしています」と言葉に力をこめた。

 チームは着実に成長を続けている。米田は昨年11月末の関大北陽との練習試合で最速を149キロに更新。秋まで遊撃を守っていた主将の松村祥吾(2年)を捕手にコンバートし、昨年同様、バッテリーを中心とした堅守の構築に余念はない。近畿大会2試合で3得点と得点力不足が課題だが、松村主将は「ファーストストライクを捉える練習を徹底しています。ウチは元気さ、面白さ、泥くささなら負けない。練習をやっていく中で、自信もついてきた」と吉報が届くことを信じている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース