×

センバツ21世紀枠は福島・只見、福井・丹生、大分舞鶴 初出場の丹生は人口2万の越前町から甲子園へ

[ 2022年1月28日 15:07 ]

甲子園球場
Photo By スポニチ

 第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間、甲子園)の出場32校を決める選考委員会が、28日にオンラインで開催され、晴れの出場校が決まった。

 21世紀枠では只見(福島)、丹生(福井)、大分舞鶴が選出された。

 丹生(にゅう、福井)は昨秋福井県大会で4強入りを果たした。

 同校所在地の福井県越前町は人口約2万人。日本海に面し、県中心部から離れた自然豊かな地域。冬場には雪が降り、18年に2メートルの積雪があった際には、当時の野球部員が屋根の雪下ろしや道路の除雪作業で活躍した。こうした地域貢献の取り組みも評価され、21世紀枠の地区推薦を受けていた。

 野球部のOBには、19年夏にエースとして県大会準Vに導いた広島の玉村昇悟投手(20)がいる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース