×

近江の強みは鉄壁守備だけじゃない 多賀監督「今年は面白い」と打線に自信 センバツ出場32校28日発表

[ 2022年1月28日 05:30 ]

近江・山田陽翔 
Photo By スポニチ

 第94回選抜高校野球大会(3月18日から13日間、甲子園)の出場32校がきょう28日、発表される。近畿地区は昨秋の明治神宮大会で大阪桐蔭が初優勝したことにより、例年の6枠に神宮大会枠が加わって計7校の選出となる。昨秋近畿大会4強以上の大阪桐蔭、和歌山東、金光大阪、天理(奈良)は選出が確実で、残り3枠を同8強の京都国際、東洋大姫路(兵庫)、近江(滋賀)、市和歌山で争う展開。吉報を待つ4校の声を紹介する。

 4年ぶり6度目の出場を目指す近江は、滋賀3位ながら昨秋近畿大会で兵庫1位の社を逆転に次ぐ逆転の末、11―10で撃破。例年、鉄壁の守備を中心としたチームを仕上げる多賀章仁監督は「今年は打線も面白い」と聖地での猛打を思い描く。今秋ドラフト候補で昨夏甲子園4強の原動力となった二刀流の山田陽翔(2年)が4番に座り、その前後を津田基(2年)、岡崎幸聖(2年)が固めるクリーンアップは破壊力抜群。中学時代から山田と同じチームの津田は「山田の前に全員、自分が(走者を)還してしまうつもりでやっている」と意気込む。

 投手としても期待がかかる山田は右肘の状態不良のため昨秋公式戦は登板なしに終わったが、昨年12月からブルペンでの投球練習を再開。指揮官が「“よしいける”という確信を持っている」と話すように、すでに全快に近い。本人も「日本一を獲るために5試合、全て投げ抜くつもり」とフル回転に意欲。首を長くして、吉報を待っている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月28日のニュース