妻夫木聡 松坂大輔さん引退セレモニーにサプライズ登場「ヒーローであり夢であり、そして最大のライバル」

[ 2021年12月4日 16:53 ]

P説訂正<LIONS THANKS FESTA 2021>プレゼンターの妻夫木聡(右)から花束を受け取り笑顔の松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は4日、メットライフドームでは3年ぶりとなるファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA 2021」を開催。今季限りで現役を引退した松坂大輔さん(41)も参加し、「松坂大輔投手引退セレモニー&サンクスフェスタフィナーレ」が行われ、俳優の妻夫木聡(40)がサプライズで登場した。

 妻夫木は黒の衣装に身を包み、花束を持ってサプライズ登場。松坂さんは少し驚いた表情を見せるも、嬉しそうに満面の笑みを浮かべた。

 ともに1980年生まれの“松坂世代”。妻夫木は少し緊張した面持ちで「まつ(松坂さん)、本当に23年間お疲れ様でした」とはじめ、「僕たち1980年生まれは、みなさんご存じの通り松坂世代と言われています。その名前の通り、僕はずっとまつの背中を追いかけていました。その背中は会うたびにどんどん大きくなりました。そんなあなたが引退を迎えるということは、僕にとっても感慨深いものがあります」と言葉にした。

 また「あなたは僕にとってヒーローであり、夢であり、そして最大のライバルでした。あなたの努力を少しでも近くから見ていた僕にとってはこの日を迎えることは正直とても悔しいです」と話し、「悔しい思いもいっぱいしたと思います。でも、そんな姿も見せず自分のために家族のために、そしてファンのみなさまのために最後まで戦い続けた松坂大輔を僕は誇りに思います」と涙をこらえながらスピーチを終え、最後には笑顔で熱い抱擁。松坂さんは最後に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年12月4日のニュース