ヤクルト内山壮 中村に弟子入り 20万円増の600万円で契約更改

[ 2021年12月4日 19:31 ]

契約更改したヤクルト・内山壮(球団提供)
Photo By 提供写真

 ヤクルト・内山壮真捕手(19)が4日、埼玉・戸田寮で契約更改交渉に臨み、20万円アップの年俸600万円でサイン。中村悠平捕手(31)に弟子入りを志願したことを明かした。

 中村は毎年1月に愛媛・松山市で山田や川端らと合同で自主トレーニングを行う。内山壮は「中村さんに捕手の技術、打撃をすごく聞きたいことがあった。松山はすごくいい自主トレができると聞いていたので、自分もやりたいと思ってお願いしました」と直訴した。日本シリーズMVP、ゴールデングラブ賞を獲得した中村から見て聞いて学ぶ。

 高卒1年目の今季はイースタン・リーグで74試合に出場し、打率・231、8本塁打、25打点。1軍では6試合に出場し、無安打に終わった。「1年でも1日でも早く1軍に定着したい」と松山自主トレからの飛躍を誓った。(金額は推定)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月4日のニュース