オリックス 「ファン感」で御堂筋Vパレード バーチャルで実施 

[ 2021年12月4日 12:27 ]

<オリックスファンフェスタ>京セラドーム内でバーチャル御堂筋パレードを行うオリックスナイン
Photo By 代表撮影

 オリックスのファン感謝イベント「Bs Fan―Festa 2021」が4日、京セラドーム大阪で行われ、仮想演出した「バーチャル御堂筋Vパレード」で開演した。

 大型ビジョンに大阪市役所前やイチョウ並木などの御堂筋の映像が映し出され、キッズチア約200人らが参加。その後、中嶋監督と吉田正がオープンカーに同乗して登場。続いて、宮城らが優勝フラッグを手に場内を練り歩き、紅林は「最高です!」と駆け付けたファンに感謝した。

 25年ぶりのリーグ優勝で注目されていた御堂筋での優勝パレードは、コロナ感染防止のため仮想演出で実施。本拠地を置く松井大阪市長が「御堂筋をあけて待っています」とエールを送るのが定番になっていて、実現するか注目されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月4日のニュース