DeNAドラ1小園“番長背番”18継承「期待感じた」、三浦監督「輝かせてくれると思う」

[ 2021年12月4日 05:30 ]

選手時代と同じ背番号18はドラフト1位の小園。「期待を込めた」と笑顔を見せる三浦監督
Photo By 代表撮影

 DeNAは横浜市内で新入団発表を行った。ドラフト1位の最速152キロ右腕・小園が背番号「18」を背負うことが発表され「それだけ期待されていると感じた」と表情を引き締めた。

 三浦監督が現役時代、98年から引退する16年まで背負い、以降は半永久欠番となっていた18番。ドラフト会議で阪神との競合の末に引き当てた直後、与えることを決めたという指揮官は「(この番号を)より大きく小園が輝かせてくれると思う」と期待した。抱負として色紙に「勝利」と書いた小園は「勝利にたくさん貢献できるように。愛称は“ハマの健ちゃん”でお願いします」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月4日のニュース