侍ジャパンに密着した映像公開 柳田の熱い思いに号泣するファン続出「ギータのめっちゃ感動した」

[ 2021年12月4日 21:59 ]

<日本・米国>金メダルを持つ1988年生まれの4人(左から)柳田、坂本、田中将、大野(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 今夏の東京五輪で金メダルを獲得した野球日本代表「侍ジャパン」に密着したNHK BS1「侍たちの栄光~野球日本代表 金メダルへの8か月~」が4日に放送され、五輪直前に脇腹を痛めて出場が危ぶまれたソフトバンク・柳田悠岐外野手(33)の五輪に懸ける熱い思いに涙するファンが続出した。

 番組では、監督を務めた稲葉篤紀氏(49)を中心にコーチ陣の選手選考に対する苦悩の日々がまず描かれた。その後、五輪代表選手24人が内定した後も中川、菅野(ともに巨人)らコンデション不良などで辞退者が続出するなど苦難続き。その中には五輪直前の球宴で本塁打競争に出た際に右脇腹を痛めた柳田の存在もあった。

 柳田はこれまでも代表に選ばれながらケガに泣いた経験がある上に、元から野球少年がそのまま成長したような純粋な性格。脇腹の負傷は今後に影響する可能性もあり、発覚した7月19日の時点では担当の清水コーチが「13人しか野手がいない中でケガ人を1人置いておけますか?チームとして機能しないような気がします」「ギータの性格上、無理するってアイツ。アイツは“やったろ”って思ってる。かえってこっちが決めてやらないとアイツの場合は『やりたい』って言うと思いますよ、絶対」と心配する中、苦悩する稲葉監督も選手の入れ替えを含む決断を迫られた。

 「お前をつぶすわけにはいかない」という清水コーチに「つぶれていいっすよ。今が大事」と返す柳田。「あそこまで言われたら僕言えないです」と清水コーチから報告を受けた稲葉監督も「了解です。そこは考えましょう」と返答した。その後、代表首脳陣が柳田の打撃をチェック。懸命にバットを振り続けた柳田は練習後、稲葉監督と2人で話し合い「いま無理をして“バチッ”ってなるのは…」と今後を気にする指揮官に「出たいです」と直訴した。「出たいのは分かるんだけど…」という指揮官に「少しでもいいから出たいです」と食い下がる柳田。そして「入れ替えになるんですか?」と自ら質問し、稲葉監督が「入れ替えのタイムリミットが実はあさってぐらいなんだよね」と答えると、柳田は「何とかケガしてでも出たいです」「大丈夫です」と再び食い下がるなど、互いにギリギリの攻防が続いた。

 結局、稲葉監督は「あれだけ振れるんだったら…」「ギータの気持ちもくんで…」「ギータがいないとどうすることもできない」と苦悩の末、柳田を代表に残すことを五輪初戦まであと6日となった7月22日に決断した。その後、金子コーチのお茶目な発案でドッキリを仕掛けることに。神妙な顔をしたコーチ陣が勢ぞろいした中に呼び出された柳田は、稲葉監督から「本当に言いにくい話なんだけど…。28日(初戦)に合わせてくれ」と告げられると「はい?」と一瞬意味が分からず。代表生き残りが決まり、清水コーチとグータッチをしてから監督、コーチ陣のいる部屋を出た柳田は「ヤバい。絶対落とされると思った」と喜んだ。

 この一連の流れに鷹党を中心に感動する野球ファンが続出。ツイッターには「ギータ、出たくてしょうがないって感じやってんね」「ギータの思いを聴くと鈍っちゃうよな…」「ギータのめっちゃ感動した」「ギータのエピソードに涙出る」「ギータのやつほんまに泣ける」「ギータの思いに大号泣」「ギータの思いが報われてよかったね」などと声が相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月4日のニュース