日本ハム・河野 自己最多登板で1250万円増、昇給分は洋服代へ 先発にも意欲

[ 2021年12月4日 05:30 ]

日本ハム契約更改、来季の目標を書いた色紙を手にポーズを決める河野
Photo By 代表撮影

 先発、救援でフル回転して自己最多40試合に登板した日本ハム・河野は3日、1250万円増の年俸3000万円で契約を更改。新庄監督が身だしなみに気をつけるように指令を出しているため、昇給分で「洋服を買います」と宣言した。

 今季札幌ドームに通勤する際は「部屋着のまんま来たんじゃないかぐらいの感覚だった」と猛省。「いつ、誰に呼ばれてもいけるような格好を準備しておきます」とし、色紙には「ファッションに力を入れる」と記した。

 今季途中に中継ぎに配置転換。先発(11試合)での防御率4・42に対し、救援(29試合)では0・29と中継ぎでの活躍を評価されての昇給となったが、来季について「先発で勝負したい。1年を通して規定投球(回数)を達成したいという思いがある」と3年目に挑む覚悟を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月4日のニュース