NTT西日本 4点リードから悪夢の逆転サヨナラ負け 大原監督「継投は全て私の責任」

[ 2021年12月4日 05:30 ]

第92回都市対抗野球2回戦   NTT西日本6-7JR東日本東北 ( 2021年12月3日    東京D )

<JR東日本東北・NTT西日本>JR東日本東北に敗れ、悔しげな表情で引き揚げるNTT西日本・野村(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1回戦1試合、2回戦2試合が行われ、NTT西日本(大阪市)は4点リードから悪夢の逆転サヨナラ負けを喫した。9回から登板の吉元が3安打に2四球が絡む乱調で1死も取れずに2点差とされて降板。続く吉川も相手に傾いた流れを止められなかった。大原監督は「継投は全て私の責任。選手たちは最後まで頑張ってくれた」と言葉を絞り出した。

 計13安打6得点と打線は力を見せた。ソロ本塁打を含む2安打をマークした中村は「27個目のアウトを取る難しさは分かった。この経験を来年につなげていく」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月4日のニュース