ソフトバンク・藤本監督“初陣対決”3・25 本拠で新庄日本ハム叩いて快幕だ「勝つこと意識して戦う」

[ 2021年12月4日 05:30 ]

<ソフトバンク、球団納会ゴルフ>藤本監督のティーショットを見つめる(左から)千賀、中村晃、甲斐野、柳田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 待ってろ、BIG BOSS!ソフトバンクの開幕カードはペイペイドームでの日本ハム3連戦に決まった。パ・リーグの来季日程が発表された3日、球団納会ゴルフも福岡県内であり、同組で回った藤本博史監督(58)と新主将・柳田悠岐外野手(33)は開幕戦必勝を誓った。日本ハム・新庄剛志監督(49)の故郷での新監督対決はフィーバー必至。球界注目の3・25が待ち遠しい。

 柳田は雨がちらつくラウンドを藤本監督、リチャード、中村晃と回り終えると、興奮する情報に食いついた。「ビッグボス!スーパースター!」。2年ぶりリーグ制覇と日本一を狙う来季の日程が発表され、来年3月25日からの開幕カードが、球界の話題を独占中の新庄監督率いる日本ハムとの本拠地3連戦となった。伝え聞くと、すぐに興奮してきた。

 「スーパースターなので、開幕戦から全開でいけるようにいきます。(変わりそうな感じが)あります」

 柳田と新庄監督はともに屈強な筋肉に加え、快足で外野手。共通点が多いだけに、立場は違えど喜びを隠せなかった。

 デビューした11年に2軍打撃コーチだった藤本監督に頼まれて、新主将を務める。この日がキャプテン就任後、監督との初対面。ラウンドした経験はあるだけに指揮官のゴルフの実力は知っている。「監督はやっぱり野球で忙しいんじゃないんですか。前より叩いていたんで」と心配したが、これも来季V奪還のための準備と感じ取る。「やっぱり監督を胴上げしたい。優勝したいので優勝だけ考えて日々を過ごしていきたい」。実現に向け覚悟を決めた。

 開幕戦が、来季の新監督同士の激突になった。藤本監督は現役選手だったオリックス時代に、当時阪神でプレーしていた新庄監督と同じマンションに住んでいた縁もある。「実は律義な紳士ですよ」と愛されキャラを熟知しているだけにニヤリと笑い“ビッグボス撃破”での開幕ダッシュを誓う。

 「盛り上がるんじゃないですか、開幕は。あれだけいつ見ても新庄、新庄。新庄くんが盛り上げてくれればね。“彼は優勝狙ってない”とか言っていましたけど当然、やるからには、うちは優勝にこだわる。こっちは必ず勝つことを意識して戦いたい」

 藤本流の攻める野球を掲げる新生ホークス。主将の柳田とともに、新生ファイターズを迎撃する準備をスタートさせる。(井上 満夫)

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月4日のニュース