×

早大のドラ候補・蛭間が宿敵ともタッグ 慶大・広瀬らから助言授かり「勉強になった」大学代表候補合宿

[ 2021年12月4日 18:37 ]

3安打1打点とバットでアピールした早大・蛭間(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 大学日本代表候補選手強化合宿は4日、愛媛県の松山坊っちゃんスタジアムで2日目が行われた。午前、午後にまたいで実施された13イニングの紅白戦では「8番・左翼」で出場した早大の蛭間拓哉外野手(3年)が、5打数3安打1打点でアピールに成功した。

 「久々の実戦だった。崩されながらだったんですけど、対応できたと思います。レベルの高いピッチャーばかりなので、常にセンター前を意識しながら、あまり大振りすることなく打てたので良かったです」と話した。

 東京六大学リーグの現役選手では最多となる通算10本塁打を誇り、来秋のドラフト候補に挙がる左の長距離砲は、浦和学院時代の18年に高校日本代表に選出。「高校の時に経験させてもらって、大学でも日本代表を背負いたいという思いは強い。これからしっかりアピールしていきたいと思います」と日の丸への思いを語った。

 同じ長距離としてプロ注目の中大・森下翔太外野手(3年)、慶大・広瀬隆太内野手(2年)らと意見交換し「長打が打てる打者と会話ができ、凄く勉強になった。それをきょう実戦できたので良かったと思います」と成果を語った。

 リーグ、チームの垣根を越えて成長を目指す。(柳内 遼平)

 ◇蛭間 拓哉(ひるま・たくや)2000年(平12)9月8日生まれ、群馬県出身の21歳。小3から野球を始め、中学時代は前橋桜ボーイズでプレー。浦和学院では1年春からベンチ入りし、同春の関東大会では4番に座った。甲子園は3年夏に出場し8強。早大では1年春からリーグ戦に出場。1メートル76、87キロ。左投げ左打ち。

(選出選手)
<投手>
金村 尚真(富士大)
川和田 悠太(仙台大)
加藤 泰靖(上武大)
坂口 翔颯(国学院大)
石田 裕太郎(中大)
福山 優希(駒大)
神野 竜速(神奈川大)
松本 凌人(名城大)
赤塚 健利(中京学院大)
東山 玲士(同大)
木村 光(佛教大)
松永 遥平(東亜大)
村上 幸人(福岡大)
長久保 滉成(仙台大)
板川 佳矢(国際武道大)
曽谷 龍平(白鴎大)
宮 海土(立大)
増居 翔太(慶大)
矢沢 宏太(日体大)
大石 晨慈(近大)

<捕手>
蓑尾 海斗(明大)
吉田 賢吾(桐蔭横浜大)
野口 泰司(名城大)
有馬 諒(関大)
石伊 雄太(近大工学部)

<内野手>
吉川 育真(国学院大)
上神 雄三(関大)
斉藤 大輝(法大)
山田 健太(立大)
広瀬 隆太(慶大)
村松 開人(明大)
林 琢真(駒大)
中川 卓也(早大)
下山 悠介(慶大)
佐々木 泰(青学大)
宗山 塁(明大)
奈良間 大己(立正大)
坂下 翔馬(近大)

<外野手>
杉沢 龍(東北福祉大)
道原 慧(立大)
蛭間 拓哉(早大)
森下 翔太(中大)
鷲田 亮太(横浜商大)
沢井 廉(中京大)
中村 貴浩(九産大)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月4日のニュース