阪神2軍 優勝マジック2で23日Vも 平田2軍監督「最後の最後まで緊張感があるのは選手たちの頑張り」

[ 2021年9月23日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神5-4広島 ( 2021年9月22日    由宇 )

<ウエスタン 広・神>9回、決勝2ランを放った佐藤輝(中央)をZポーズで出迎える平田2軍監督(右)ら阪神ナイン
Photo By スポニチ

 阪神2軍は22日、ウエスタン・リーグの広島戦(由宇)に5―4で勝利。2位・ソフトバンクが敗れたことで優勝へのマジックナンバーは一気に2つ減り「2」とした。最短で23日にも、3年ぶりとなるリーグ制覇が決まる。

 「(優勝が近づいたが)全然そんな状態じゃないよ。最後の5試合になっても、緊張感のあるゲームができているということが一番の彼らの成長につながる。最後の最後まで緊張感があるのは選手たちの頑張りよ」

 平田2軍監督は手綱を締めながらも粘り強い選手たちの奮闘を称えた。3回に相手の失策で1点を先制。5回1死一、二塁から荒木の右前適時打で2点目を追加すると、6回2死三塁では山本が適時二塁打を放った。

 試合を決めたのは佐藤輝の2ランでも、同点に追いつかれた7回以降は尾仲、湯浅、小林が最少失点でつないだ。ファームの記録を更新した18連勝はダテじゃない。1軍より一足先に、栄冠をつかみ取る。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース