大谷、申告敬遠含む1試合4四球 指揮官「いかに素晴らしい活躍をしているかを示しているとも言える」

[ 2021年9月23日 16:02 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―9アストロズ ( 2021年9月22日    アナハイム )

<エンゼルス・アストロズ>初回2死、大谷は四球で出塁する(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は22日(日本時間23日)、本拠地アナハイムでのアストロズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。申告敬遠を含む自身初の1試合4四球で2打数無安打、打率は・256となった。チームは延長12回の激闘の末に5―9で敗れて6連敗を喫した。

 大谷は、先発右腕L・ガルシアと対戦した初回2死の第1打席、4回無死の第2打席とも四球で出塁し、相手投手にはブーイングが浴びせられた。4回は二盗を試み、タイミングはセーフだったが、勢いあまってベースから離れて盗塁死した。6回2死の第3打席は一ゴロで、右腕グレイブマンと対戦した7回2死二塁の第4打席は申告敬遠で球場は再び大ブーイング。左腕テイラーと対戦した延長10回の第5打席も申告敬遠で、これでリーグトップの15個目の敬遠となった。右腕Y・ガルシアと対戦した12回2死三塁の第6打席は空振り三振に倒れ、最後の打者になった。

 試合後、ジョー・マドン監督は延長10回に大谷がタッチアップを狙い本塁憤死したプレーについて問われると「いい決断だった。2死だったからね。それは強調すべきこと」と評価。1試合4四球については「アストロズのように優勝争いをしているチームでは試合前に“彼(大谷)に打たれるな”と言われる。(相手先発のL・)ガルシアはあまりストライクを投げようとしなかったから、彼(大谷)をどこの打順に置いても同じだった」と残念がった。一方、「彼にとってこのような(困難な)状況に直面しているが、いかに素晴らしい活躍をしているかを示しているとも言える」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース