ヤクルト 前日にフェンス激突で途中交代のサンタナは下半身の張り

[ 2021年9月23日 18:18 ]

22日のDeNA戦で負傷交代するサンタナ(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは前日のDeNA戦で途中交代したドミンゴ・サンタナ外野手(29)が東京都内の病院で下半身の張りと診断されたと23日、発表した。数日間様子を見ながら1軍に帯同する。この日の試合はベンチ外となった。

 サンタナは前日の7回に、飛球を捕球しようとジャンプしながら右翼フェンスに激突。異変を感じた様子を見せてトレーナーが駆けつけ、自力でベンチに戻ったが、そのまま途中交代していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース