ロッテ 朗希代役の土肥、2年ぶり1軍登板も悔しい2回3失点KO「何もできなかった」

[ 2021年9月23日 16:41 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2021年9月23日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ21>ロッテ先発の土肥(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 腰の張りで先発登板を緊急回避したロッテ・佐々木朗希の代役として、先発マウンドに上がった土肥星也投手だが、2回6安打3失点でKO。初回こそ無失点で立ち上がったが、2回の先頭・柳田にバックスクリーン弾を浴びると、ここからリズムを崩してしまった。

 「優勝争いをしている中でせっかく先発のチャンスをいただいたのに全く何もできませんでした。申し訳ないです」

 19年秋に右肘を手術し、昨季は1、2軍登板なし。2年ぶりの1軍登板だった左腕にとっては悔しすぎる投球となってしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース