無敵の大商大 2度目の20連勝 エース右腕の上田が1失点完投で「無傷」3勝目

[ 2021年9月23日 17:28 ]

関西六大学野球   大商大5ー1京産大 ( 2021年9月23日    わかさスタジアム京都 )

<京産大・大商大>1失点完投で3連勝となる今季3勝目を挙げた大商大・上田大河
Photo By スポニチ

 大商大が18年秋~19年秋にかけて樹立したリーグ記録の24連勝に次ぐ、2度目の20連勝を決めた。残りの最少試合数は5で、全て勝てば今季中の更新となる。

 先発の上田大河(2年=大商大高)は111球を投げ4安打1失点で完投。今季3連勝で3勝目を挙げ、自身もデビューから7連勝を飾った。序盤に爪が割れたが、丁寧にコーナーを突きわずか1四球。「自分の投球ができれば、負けることはない」と自信をみなぎらせた。

 今秋ドラフト候補で主将の福元悠真(4年=智弁学園)は「4番DH」でフル出場し、5打数1安打。「連勝というより、完全Vを意識している。勝てたので、明日も勝つ。神宮へ行って日本一を獲るのが最終目標」と、チームの勝利を最優先に考える。

 京産大の同候補でエース右腕の北山亘基(4年=京都成章)は登板しなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース