マーティン不在が攻守に響き…ロッテ散発3安打 マジック点灯は最短で24日に持ち越し

[ 2021年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1-4ソフトバンク ( 2021年9月22日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>千賀を攻略出来ず不機嫌そうな井口監督(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 1リーグ制では51年ぶりとなるロッテの優勝マジック点灯はお預け。井口監督が「先に点を取られたのでこういう形になった」と指摘したのは2回の守備でのミスだ。先頭の柳田の右中間を破る打球を右翼・山口が処理にもたつき、三塁まで進塁を許した(記録は二塁打と失策)。

 これが牧原大の先制の右犠飛につながり、指揮官は「焦る場面じゃない。二塁打で止めないといけない」と反省を促した。打線も千賀の前に散発の3安打。本来は右翼を守るマーティンの故障による不在が攻守に響き、マジック点灯は最短で24日に持ち越しとなった。

 ≪最短マジック点灯24日≫パは首位のロッテが敗れ、2位のオリックスが勝ったため、ロッテの最短マジック点灯日は24日まで延びた。条件はロッテがソフトバンク、西武に連勝、オリックスが日本ハム、楽天に連敗することでM20が出るがどうか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース