阪神・大山 同点の8回に2点適時打 前日まで得点圏17打数連続無安打の男が意地の一打

[ 2021年9月23日 16:23 ]

セ・リーグ   中日-阪神 ( 2021年9月23日    バンテリンD )

<中・神(20)> 8回2死二、三塁、阪神・大山は中前に勝ち越しの2点適時打を放つ(投手・又吉)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の悩める背番号3が執念の1本を放った。同点の8回2死二、三塁で大山がフルカウントから詰まりながらもセンターへ運び勝ち越しの2点適時打。前日まで得点圏では17打数連続無安打と沈黙していた男が意地を見せ、7回まで1失点と力投していた伊藤将に勝ち投手の権利をプレゼントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース