ソフトB柳田 先制27号ソロ「完ぺきに捉えることができました」

[ 2021年9月23日 14:50 ]

パ・リーグ   ソフトバンクーロッテ ( 2021年9月23日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ21>2回、先頭の柳田が中越えにソロ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)が、第3子となる二男誕生後初となるアーチを描いた。23日のロッテ戦に「4番・右翼」で出場。2回先頭で先発・土肥の真ん中高め141キロ直球をそう快にフルスイング。バックスクリーン右に、リーグ首位タイとなる先制の27号ソロを突き刺した。

 「とにかく丁寧に打つことだけを考えて打席に入りました。完ぺきに捉えることができました」と、優等生コメントを配信した。

 17日の午後12時39分に福岡市内の病院で新たに家族が増えた。これで長女、長男、二男の3児の父親となった。15日ロッテ戦では26号2ランを放ち、前祝い。5試合ぶりのアーチを放つ前日の22日には2安打1打点のマルチ安打とし、試合後には「(産まれて)嬉しいです。育てることを一生懸命、頑張らないと。子どものために、いいご飯を食べさせてやらないと。だから、頑張らないと」。宣言の翌日にパパは、主砲としてきっちりと仕事をした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース