阪神・糸原 全4打席出塁で最近6試合の出塁率7割超え「塁に出たり、よい形でつないだりが自分の役割」

[ 2021年9月23日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1-2中日 ( 2021年9月22日    バンテリンD )

<中・神>6回、糸原は左中間に二塁打を放ち激走する(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神・糸原が2安打、2四球で全4打席に出塁した。初回2死から遊撃内野安打、3回2死二、三塁では四球を選び、6回先頭では左中間二塁打、8回1死一塁でも四球を選んだ。

 「塁に出たり、よい形でつないだりが自分の役割。チームの勝ちにつながるようにしていきたい」

 3番に入った14日のヤクルト戦から6試合連続の安打で、17打数10安打の打率・588。8四球を選んでおり、出塁率は・720に跳ね上がる。

 好機を演出し、または拡大させて4番以降にお膳立てをしているが、なかなか得点につながっていないのが現状。それでも「やるしかないし、あす以降もチーム一丸となって目の前の試合に勝てるように頑張っていきたい」と還す人たちに期待し、前だけを向いていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース