阪神・伊藤将 抜群の安定感 7回を被安打2、1失点と好投 8勝目の権利得て、後を強力救援陣に託す

[ 2021年9月23日 16:26 ]

セ・リーグ   中日ー阪神 ( 2021年9月23日    バンテリンD )

<中・神(20)>7回1失点と好投した阪神・伊藤将 (撮影・平嶋 理子)                
Photo By スポニチ

 阪神先発の伊藤将は7回2安打1失点と好投した。

 立ち上がりから落ち着いた投球でアウトを重ねた。初回は先頭の京田に遊撃内野安打を打たれながら、後続を抑えて無失点。2回から5回までは安打を許さず相手打線を手玉に取った。

 しかし、1―0の6回は先頭の代打・伊藤康に右翼線二塁打を打たれると、続く京田に犠打を決められ、1死三塁とピンチは拡大。続く代打・堂上に右犠飛を打たれ、同点とされた。

 それでも、7回は3者凡退に抑え、直後の8回に味方が勝ち越し。8勝目の権利を手に、マウンドを降りた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース