西武、自力CS消滅 秋山幸二に並んだ!おかわり通算437号でプロ野球歴代15位タイも

[ 2021年9月23日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2-4楽天 ( 2021年9月22日    メットライフD )

<西・楽>2回無死、先制ソロ本塁打を放つ中村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は楽天に競り負けて再び今季ワーストタイの借金11。自力でのCS進出の可能性が消滅した。辻監督は「それが事実だから。最後終わるまで、我々は一試合一試合必死に戦うだけ」と語気を強めた。

 2回には4番・中村が先制の13号ソロ。通算437本塁打となり、球団OBでもある秋山幸二に並ぶプロ野球歴代15位タイに。中村は「並ぶことができてうれしい。あっという間に抜かせるよう頑張る」とコメントした。

 ▼西武・浜屋(約5カ月ぶりの先発も4回2/3で7四死球を与えるなど3安打2失点で4敗目)納得のいかない駄目な内容。自分の実力不足が招いた結果です。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース