大谷の記者いじり“絶口調”絶品ポテチに「今までで一番いい仕事」

[ 2021年9月23日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5-10アストロズ ( 2021年9月21日    アナハイム )

<エンゼルス・アストロス>8回無死、右中間へソロ本塁打を放ちナインの出迎えを受ける大谷(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】米国出張にあたり、お菓子好きの大谷にささやかな手土産を持参し、球団関係者を通じて渡した。東京ばな奈とカルビーがコラボした進化系ポテトチップス「じゃがボルダ」(カツオと昆布のうまみだし味)。和風のパッケージにひかれた。

 18日の試合前。水原一平通訳が記者を見つけ、大谷からの伝言を届けてくれた。

 「人生で食べたポテトチップスで一番おいしかったらしいです。“柳原さんが今までで一番いい仕事をした”って言っていましたよ」

 コロナ禍の今季は球宴以外オンライン取材で、面と向かって話す機会はない。日本ハム時代から担当8年目にして手土産が「一番いい仕事」とは複雑だが、本塁打王争いが佳境を迎えても変わらない「記者いじり」に少しだけ安心した。(MLB担当・柳原 直之)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース