阪神「激痛」ドロー 絶対守護神スアレスが9回に2点差追いつかれる 今季初のセーブ失敗…

[ 2021年9月23日 16:59 ]

セ・リーグ   阪神3ー3中日 ( 2021年9月23日    バンテリンD )

<中・神(20)> 9回1死一、三塁、福留に同点の適時二塁打を打たれた阪神・スアレス(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は終盤8回に勝ち越しに成功し、岩崎、スアレスで逃げ切りかと思われたものの、9回に悪夢が待っていた。

 守護神・スアレスがつかまった。先頭の京田に右翼線二塁打を打たれると、その後無死三塁から大島に右前適時打を浴びた。ビシエドを遊ゴロに打ち取った後、1死一、三塁から福留にも左翼フェンス直撃の適時二塁打を打たれ、同点とされた。スアレスはセーブシュチュエーションで初めての失敗。痛恨のドローに終わった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月23日のニュース