巨人・岡本、松井以来の2冠当確 31本塁打&97打点 原監督「成長したよね」

[ 2020年11月12日 05:30 ]

2冠当確の巨人・岡本(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 31本塁打と97打点でともにリーグトップの巨人・岡本が2冠に当確ランプをともした。

 本塁打数は、ともに2位の阪神・大山がこの日、ヤクルト・村上が10日に、28本で全日程を終了している。打点も2位の村上が86打点で、3位の大山が85打点。本塁打と打点の2冠は、球団の日本人では02年松井秀喜以来18年ぶりとなる。

 初タイトルが確定的な4番を、原監督は「見事。成長したよね。若大将よ。ビッグベビーじゃないよ」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月12日のニュース