巨人 宮国とディプランが戦力外 高木は育成契約へ

[ 2020年11月12日 05:30 ]

巨人から戦力外通告を受けた宮国椋丞投手
Photo By スポニチ

 巨人は11日、宮国椋丞投手(28)とナティーノ・ディプラン投手(26)に来季の契約を結ばないと通知し、高木京介投手(31)を自由契約にすると発表した。高木には育成契約を打診する見込み。

 3年目の13年には開幕投手も務めた宮国は、他球団での現役続行に強い意欲を示しているという。今季は21試合に登板し、防御率5.33だった。3月に支配下登録されたディプランは2試合の登板で防御率19.29。高木は今季17試合に登板し、防御率3.65で8月に股関節違和感で離脱していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月12日のニュース