ロッテ・井口監督 CSへ「我々はチャレンジャー」 バント練習などで汗

[ 2020年11月12日 05:30 ]

ロングティーで汗を流したロッテ・藤原
Photo By スポニチ

 ロッテはZOZOマリンでCSに向けた練習を再開。シーズン2位からの下克上へ、井口監督は「下から上を叩けるチャンスをもう一度もらった。プレッシャーはない。逆にプレッシャーがかかるのは相手だと思う。我々はチャレンジャー」と言葉に力を込めた。

 約2時間半の練習では安田らが特打。井上、藤原はロングティーで汗を流した。一方でほとんどの選手がバント練習を実施。指揮官は「ミーティングで“どの打順でもバントはあるよ”という話をした。1点を先に、先に取っていけたら」と明かした。今季はリーグワーストのチーム打率・235の一方で、犠打は最多の96。491四球も最多だ。粘って、つなぐ野球を、CSではさらに突き詰める。それこそが10年以来の下克上につながる。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月12日のニュース