広島・小窪 “かみしめて”赤ヘル最後の安打 退団あいさつ「また元気な姿を見せられるように」

[ 2020年11月12日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-3中日 ( 2020年11月11日    マツダスタジアム )

<広・中24>今季最終戦を終え、退団する小窪はあいさつする(現場代表)
Photo By スポニチ

 今季限りでの退団が発表された広島・小窪が、赤ヘルでの最後の安打を放った。

 シーズン最終戦で昇格し、8回2死無走者での代打で出場。フルカウントからの柳のカットボールを右前に落として大歓声を浴びた。

 「いろいろなものをかみしめて打席に入った。マツダスタジアムは、本当にいいなと思った」。

 試合後のセレモニーでは、佐々岡監督に促されてファンに退団のあいさつ。「また元気な姿を見せられるようにしたい」と他球団での現役続行を約束した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月12日のニュース