×

【大谷翔平単独インタビュー 完全版(1)】苦しんだ今季 来季につながる1本のアーチ

[ 2020年11月12日 17:00 ]

エンゼルス・大谷 単独インタビュー(1)

インタビューに答える大谷翔平(撮影・山内 愛子)
Photo By スポニチ

 メジャー3年目のシーズンを終えたエンゼルスの大谷翔平投手(26)が、オンライン取材でスポニチ本紙の単独インタビューに応じた。日本ハム時代から担当7年目を迎えた本紙MLB担当の柳原直之記者(35)が、本音に迫った。「スポニチ アネックス」では、紙面に入らなかった部分も盛り込んだ完全版をお届けします。

 単独インタビューは約1年ぶり。パソコンの前で待っていると、水原一平通訳の愛犬の姿が映った。その後、大谷の姿が画面に。「ここは大谷君の家?」と聞くと「この犬の家です」。思わず笑ってしまった。「うふふ、じゃないですよ」と大谷に大笑いされてしまったが、リラックスした表情だった。

 ――2年ぶりに二刀流復帰を目指した今季は右肘付近を痛めて2試合の登板のみ。打者は打率・190など苦しんだ。自己評価は。
 「“打ち心地通り”の数字かなという印象ですね。打席の中で心地よさはそんなになかったので。そういう感じの数字かなというのはあります」

 ――19年のシーズン後に受けた左膝手術の影響はあったか。
 「膝に違和感はほぼなかったです。もちろん最初から万全でというか、痛みがゼロでやれるというわけではなかった。その過程の練習で“軸足の残りづらさ”とか、若干クセになっているというのは感じていました。そこは修正の余地があると思いながら、シーズン中はやっていたけど、なかなか戻しきれなかったという感じです」

 ――来季へのヒントになるような手応えがあった打席は?
 「(9月23日の)パドレス戦で左投手(モレホン)から打ったホームランは唯一、良かったです。打ち心地というか、すごく打てるような見え方をしていたので。やっぱり想像通りの結果になるもんだなと思いました」

 ――不振のため9月に6試合連続ベンチスタートも経験。打撃技術や精神面で誰かに相談はしたか。1年目のキャンプ中にイチロー氏(現マリナーズ会長付特別補佐兼インストライクター)に助言を仰いだこともあった。
 「(イチロー氏と連絡は)とっていないですね。高校(花巻東)の(佐々木洋)監督もしてないですね。打撃はあまりコーチにこれをやれとか言われてやってきたタイプではなく、自分の感覚でやってきたタイプではあるので。もちろんコーチとかに“こういう風なのどうだ?”とか言われることもありますけど、自分に合っている時もあれば、そうでないときももちろんあるので。自分で良いもの、悪いものは選ぶ(取捨選択するという意味)という感じかなと思います」

 ▽大谷の今シーズン 18年10月に受けた右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)から、2年ぶりに二刀流復帰を目指したが、「右肘付近の屈筋回内筋痛」を発症。投手は2試合のみの登板で0勝1敗、防御率37.80。打者では打率.190、7本塁打、24打点と苦しみ、9月中旬には故障以外では初めて6試合連続スタメン落ちも経験した。

 ◆柳原 直之(やなぎはら・なおゆき)1985年(昭60)9月11日生まれ、兵庫県西宮市出身の35歳。関学大では準硬式野球部所属。3年半の都市銀行勤務を経て、12年スポニチ入社。遊軍、日本ハム担当を経て18年からMLB担当。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月12日のニュース