東播磨 市和歌山にも負けてない! 鈴木が敵軍エースと投げ合い、堂々の2失点完投

[ 2020年10月19日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会1回戦   東播磨1-2市和歌山 ( 2020年10月18日    わかさスタジアム京都 )

<東播磨・市和歌山>東播磨のエース・鈴木は力投及ばず2失点で敗退する(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 来春選抜大会出場へ重要な選考資料となる秋季近畿大会が18日開幕し、1回戦3試合が行われた。ともに初出場となった公立の山田(大阪)と東播磨(兵庫)は惜しくも敗れたが、強豪に大善戦。21世紀枠での選出の可能性を残す戦いだった。近畿地区の一般選考枠は6。智弁学園、龍谷大平安、市和歌山が準々決勝に駒を進めた。4強に入れば当確となる。

 打撃で押したのが山田なら、投手力で引けを取らなかったのが東播磨だ。エース右腕の鈴木悠仁(ゆうと=2年)が7安打7四球も要所を締め2失点完投。今大会屈指の投手である相手先発の小園と息詰まる投手戦を展開し、163球を投げ抜いた。

 「ランナーを背負うことが多かったですけど、しっかり要所を締められたと思います」

 毎回のようにピンチを招いたが、6回以外は得点を許さなかった。悔やまれるのはその6回。先頭への初球の直球が真ん中に甘く入って同点ソロを浴び、さらに勝ち越し点まで献上した。それでも小園より先に本塁は踏ませない意地は見せつけ、県大会準々決勝からの4試合をわずか4失点と抜群の安定感を披露。攻撃面でも8回2死一塁で来秋ドラフト候補の捕手・松川虎生(こう=2年)から二盗を決めるなど最後まで揺さぶり続けた。

 和歌山県大会の準決勝では、春夏通じて38度の甲子園出場を誇る智弁和歌山が市和歌山に4―5で敗れており、あくまで点差だけなら智弁和歌山と“互角”と見ることもできる。山田と同じく、候補校の一つとして吉報を信じる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース