公立高校の山田 龍谷大平安に大善戦 エース坂田「通用しているところもある」

[ 2020年10月19日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会1回戦   山田1-4龍谷大平安 ( 2020年10月18日    わかさスタジアム京都 )

<龍谷大平安・山田>力投する山田のエース・坂田(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 来春選抜大会出場へ重要な選考資料となる秋季近畿大会が18日開幕し、1回戦3試合が行われた。ともに初出場となった公立の山田(大阪)と東播磨(兵庫)は惜しくも敗れたが、強豪に大善戦。21世紀枠での選出の可能性を残す戦いだった。近畿地区の一般選考枠は6。智弁学園、龍谷大平安、市和歌山が準々決勝に駒を進めた。4強に入れば当確となる。

 昨夏甲子園覇者の履正社を倒した実力は、フロックではなかった。京都1位で春夏の甲子園出場75回、通算103勝を誇る龍谷大平安を目の前にしても、ひるむどころかナインは生き生きとプレー。最後まで互角に渡り合い、金子恭平監督(41)も確かな手応えをにじませた。

 「彼らにとってすごく自信になりましたし、やってきたことは間違っていなかった」

 3失策と守備が乱れ全て失点につながったが、打撃では適時二塁打1本を含む7安打。敵軍の単打のみの4安打を上回り、名門に食い下がった。5盗塁、4犠打(1犠飛)を決められ緻密なプレーには課題が残ったが、履正社戦に続き自責点1で完投したエース右腕の坂田凜太郎(2年)は「思ったより打たれなかったので、通用しているところもあると思う」とさらに自信を深めた。

 指揮官は「今の段階で選抜うんぬんを言えるチームではない」と謙遜するが“普通の公立校”が超の付く強豪私学の履正社、龍谷大平安と接戦を演じた事実は消えない。朗報を待つだけの資格が十分にあることを、堂々と証明してみせた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース