巨人 M7に減らすも今季最大5点差逆転負け 原監督 継投を敗因に挙げる

[ 2020年10月19日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―10DeNA ( 2020年10月18日    横浜 )

9回、厳しい表情でベンチから試合を見守る原監督。右は元木ヘッド (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 優勝マジックを1つ減らして7とした巨人だが、5点差からは今季最大の逆転負けだった。7回に畠と高梨で6失点も、原監督は両腕を責めることは一切なかった。

 畠が先頭から3連打で1点を失ったところで交代を告げ「“ワンアウトを取ってくれ”と思っていたんだけど、代え時というのを私自身が我慢できなかった。アウトカウントを1つ取ってバトンを渡すというのは、僕の中でとても重要。我慢できなかったところにこのゲームがあった」と自身の継投のタイミングを敗因に挙げた。

 無死一、三塁から高梨も止められない。17試合ぶりの失点は自身初の満塁被弾で、移籍後初黒星を喫した。6回まで無失点だった畠だが、7回に崩れたことに「中継ぎ陣、チームに迷惑をかけてしまいました。本当に悔しいです」と反省した。(神田 佑)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース