中日 連勝7でストップ 好機で打線沈黙、与田監督「負ける時はこういう展開」

[ 2020年10月19日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0-5広島 ( 2020年10月18日    甲子園 )

<広・中(20)>交代を告げベンチに戻る与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は、打線が10安打を放ちながらつながらず、零敗で連勝が7でストップした。

 初回2死一、二塁で高橋が見逃し三振に倒れると、3回1死一、二塁ではビシエドが三ゴロ併殺。与田監督は「チャンスで打てなかった。負ける時はこういう展開になる」とさばさばと振り返った。

 投手陣も3被弾と快進撃は小休止。それでも9連戦を7勝2敗で終え「素晴らしい成績を皆が頑張って残してくれた」と評価した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース