来秋ドラフト候補の市和歌山・小園 1失点完投「次勝って選抜への一歩踏み出したい」

[ 2020年10月19日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会1回戦   市和歌山2-1東播磨 ( 2020年10月18日    わかさスタジアム京都 )

<東播磨・市和歌山>9回2死二塁、最後の打者・白岡を三振に斬りバンザイして吠える市和商のエース・小園(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 市和歌山が接戦を制し、準々決勝に駒を進めた。

 先発した来秋ドラフト候補の最速152キロ右腕・小園健太(2年)は5回に先制を許したが、直球と変化球をうまく織り交ぜ11奪三振で1失点完投。9回2死二塁のピンチも空振り三振で締め、両手でガッツポーズした。

 先頭打者の出塁を許したのは失点した5回のみ。「それが1点で抑えられた要因だと思います。次勝たないと選抜が見えてこないので、勝って選抜への一歩を踏み出したい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース